2009年07月08日

とりあえず

七夕ソニックはDVD出てくれることを祈ろう。

ぐだぐだ言っててもしょうがないのでビーチラーを録ってみた。


ですね。
比較なので最初はメイヤー後からビーチラーです。
ちょっとリバーブとコンプかけてます。ドライ音そのまま流すほどの勇気はないのです。
いや、全く。相変わらず下手で泣けるぜ。
下手なりに区別するとスマートなメイヤー、太めなビーチラーという感じでしょうかしら?
はっきり「変わった!」といえるほどの変化でもないのがちょっと悲しいけど。

チューニングしたら音をえらく高くとってしまう癖がどうしても出てしまう。
カミカミでんなぁ。

ネットをさまよってる内におんなじ様にサックスの音上げてるブログがあってさ。
記事あげる度に録ってるんだけど内容がそこいらの高校生よりも下手でさ、でもすごく楽しそうで、上手くなりたいというの気持ちもビシビシ伝わってきてさ。
目を開かされた気分になってですね。録ってみた訳です。
私は何を細かい事を気にしてたんだろうねー。恥ずかしいねー。
posted by 葦 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

で、ですね

マウスピース買いました
ので、今回サックスやってない人にはキツイ回です。
音も無いです。 その内録ります。こればっかです。

ビーチラーダイアモンドS7S
ラバーでこんなに開いてるのは初めて買った。
あ、ケニーGは嫌いなんで。むしろジェラルド・アルブライトです。

ビーチラーって私は結構好きみたいで同じメーカーの
トナレックス4S
という白いマウスピースも持ってます。

肝心の感想ですけど…まぁ、こんだけ広いのでビチィイと鳴ってくれます。バッフルもミディアムぐらいなので多分ボリューム感で言えばARBメタルを上回るかもしれません。
息が猛烈にとられるのでかなりしんどいですね。その分使いこなせればベンドが猛烈にかかったりして面白いんですけど(つまりその分安定しない)
高音域の成分に特徴的な箇所が感じられますね。カーンといった感じ。
EQでイメージするとハイミッドを頂点にしたかまぼこ型ですかねー。

うん、でなんでこんなん買ったかって言うととても単純で
ボリューム感があって、なおかつキレのあるラバー
が欲しかったんです。
アルトはラバーの方が良さが引き出せそうかな?と最近思うようになって来たんです。
メイシオ最高!とか言ってるとラバーになるんですよ。
メイシオはブリルハートエボリン使ってるんですけど程度の良い物になると3万ぐらい出さねばならん。
買ってもメイシオの音は出ねぇから買うのは悔しい。
近いのはなんだろね?という事でビーチラー 
何かデザインも似てるのでいいじゃない。

ブリルハートはセルマーに買収されたが実質的な後継者はビーチラーと思ってます。
有名ですけどARBもビーチラーで作ってます。メタルを見れば材質まで同じだと分かります。内部形状は全然違うけど。
メタルは…なんか最近設計変わってるそうですよ! 全長が短くなってるそうですからやかましくなってると推測
昔は手ごろな値段で買えるハイエンドなマウスピースだったのに…悲しいですね。

あーコレ、¥9800で買いました。
げろやすですね。持ってるので2番目ぐらいに安い
posted by 葦 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

暑いと

FUNKだよ! 全員集合!
とか言ってしまうよね。
言わないですか、そうですか。

とりあえず、J.Bの「LOVE POWER PEACE」を聞いてます。
コレ、最高にあつぅーいライブ音源です。
オリンピアとかゆーとこで行われた熱狂的とも言えるパフォーマンスが収められてて全体で40分程ながらこゆ過ぎる内容。
ビート感もさることながら曲の継ぎ目がすげぇです。
特にbrother rappからAint's it funky nowの切り替わりは恐ろしいです。
テンポチェンジの前振りも一切なくビシッとメンバー全員のテンポ感が合うとか…鍛え上げられたプロは違うわ。

レベルの差をひしひしと感じつつ、やっぱり黒いビートは気持ちいいわーと思いつつ頭を振ってみる。

J.Bといえばアレですよね「げろっぱ」「げろぶれ」ですよね。
どう聴いても「げろっぱ」としか言ってないように聴こえる。
ホントは「Get up!(ノッてるか!?)」と言ってるらしいけど日本人には「げろっぱ」なんだなーこれが。
「うーらからからか、うーらからからか」とかも何か意味あるんでしょうね。
気になるけど、それだけです。

げろっぱ!
posted by 葦 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ポインツ

タワレコのポイント使ってディメンションの13thを買う
ライブ盤で、ちなみにCDの方です。
ディメのCD他で持ってるのは6thこれもやっぱりライブ盤
最初に聞いたのは確か9th?「yes or no?」が入ってる奴です。

J-fusionのグループといえばスクエアかカシオペアかディメンションみたいな感じがしますよね。
スクエアとカシオペアの存在感は恐ろしいですけど。この二つが楽曲的には若干ウタモノ的な構成をしてるとしたら
ディメンションはバリバリにインストモノです。
テクニカル、メカニカルな響きの楽曲が中心。

勝田一樹の音って刺さるよなー。
や、そこが良いんですけどね。サンボーンがもっととんがった感じの音色でそこがなんとも。
にしてもかなーり深くリバーブかかってるな。
時折ディレイも混ぜてるし。ぐわんぐわん広がり過ぎです。
これは…面白い。

ベースが青木さんだったら最高だったのにー。
でも悪くは無いですよ。
posted by 葦 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

結局

ブレステイキングにしました。
ブレステイキング web site
使ってみて「こりゃー、よく考えられてる」と思いましたね。
非常に楽、楽器をさげてるとは思うけどストラップをつけているという感覚が薄い。
普通のを使ってる時は
kaisetu2.JPG
みたいな力を感じて演奏してる訳ですわ。
赤矢印が負担に感じるとこですね。黒、黄色は奏者がかけるベクトルです。
赤矢印、コレが首にダイレクトにクルんです。
楽器始めた頃は朝起きると首が回らなかった日があったほどで真鍮の塊を首から下げるっていうのはかなり重労働
慣れというのは怖いものでそれが普通になっていくんですけど。
負担が無くなるという訳では無いんだよね。
kaisetu3.JPG
ブレステイキングを使うとこう感じます。今度は青の奴ですね。
左手が掛ける力とほぼ同じ方向に感じるせいかすごく楽。
負担を首一点じゃなく胸全体、面で受け持ちます。
そしてすごくフリー、以前までは意外と首が締め付けられてたんだなというのも感じたり。

kaisetu4.JPG
持ってる時に重さを感じる部位です。
普通の奴は首一点 ブレス〜は首の付け根に感じますね。
構造を見れば分かるよう構えた際には面で感じる事が出来て負担が分散されて良い感じ。案外補助ストラップも頑張ってくれます。

本当に良いアイテムですが欠点もあります。まぁもうすでに色々な場所で言われてると思いますが…
1.持ち替えが出来ない
メインの調節箇所が2か所あるのでライブでの瞬時の持ち替えは厳しいですね。
本田雅人は使えない?あー、でもあの人スタンド使ってるし。
アルトとソプラノぐらいならいけるでしょう(アルトをサンボーンみたいなポジションで吹いてる方だと無理です、普通な優等生な構え方なら可かな)
細かい調節をしないと効果が薄れるのでここは考えもの(逆を言えば無理に使おうと思えばできますが1つ手間が多くなるという事を考えときましょう)
2.高い
トップクラスに高いです。でも、こーいうのこそ長時間練習してしかも持ち替えする頻度が少ない学生さんが使うべきだと切に思う。
どーにか安くならないですか?
3.でかい
ケースに入んないよ?

ぐらいですかね。
私の場合今んとこメリットの方が多く感じててこれ以上は悪口が出ない。

数分右向いたり左向いたりして振り回しながら吹いてみましたがズレもなく調節部位の保持力も良さげです。(時折ここがアレな奴がある。そんなものはこっそりどこかに置いときましょう)
使い心地はハーネス(使った事無いのでよく分からんけど)というよりか普通のを下にずらして補助をくっつけたモノっぽいです。
ので調整が済めば次回からはすぐに装着できます。(サックスの種類変えなければですが)

久々に良い物に会えた感じがしました。
たかがストラップされどストラップ
奏者と愛器を物理的な意味で繋ぐ物ですからサックス吹きは一度試されてみては?と思いますね。
私は結構感動しましたね。
posted by 葦 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。