2009年09月20日

ふみふみ

ついにcubaseのエッセンシャルもメジャーアップデートされるっぽいですね。
やっぱり5の目玉であったピッチ補正システム(簡易版?)もつくようで、あと音源が増える? のかな?

うん、私は4でいいや。

もう、あれですね。cubaseがVST開発してスタンダードになったらsonarも対応したり
sonarがVボーカルつけだしたらcubaseもおんなじようなんつけたり
ACIDが当てたループなんて今じゃ殆どのDAWが対応してたりで使うソフトって何だっていいんじゃないでしょうか?

簡単な打ち込みなら機材買った時についてくるバンドルソフトで十分だしね。
いや、ホント、後は物足りないなと思う部分の音源とかプラグイン(エフェクター)を買い足したりで「トラックが足りねぇよ馬鹿」ってなったら上のグレード買えば良いんじゃない?

なんとなくだらだらと言ってみた。
ボカロ買おうかな…買うだけになりそうだけど。
とりあえず、そろそろしょびー音録るだけじゃかわいそうだわなー。

楽器、機材を活かすも殺すも自分次第なんだと思うよー。
サックスのはなしだとね。
以前、トッププロに自分の楽器吹いてもらった事があったんだけど。
その時の音は自分の楽器の物とは思えなかったしなー。ちなみに感想はヤマハらしからぬ素直な良い子だそうで。ちなみにそのプロはヤナギユーザー。
なんにせよ、アレ聞いてから管本体に対する不安とかは無くなったなー。
だって、あんだけ良い音が出るポテンシャルがこの子にはあるんだもん。それを知っているから付き合っていこうと思えるんだろうな。
管をゴロゴロ買い換えるなんて今の私には考えられないわ。
まぁ、単純にアメセルとかシルソニとか買えないひがみなんですけどね。
あんなん買うならもっとビシィイっと吹けなきゃいけないんだよ。

上手くなりたいとは思うけど、甘ったれるから無理なんだよなー。
posted by 葦 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

うー

まぁ、大体つぃったーにまわしちゃうから書ける物もねぇーって話なんですよ。

ただ、まぁ、サックスのピッチがベリーベリー悪いですねー。
高音域のピッチが泣ける。特にAとBbがとんでもなく高い。
単純に噛んでるからなんだろうなー。力を入れてる感覚は全く無いんだけどね。
抜けば合うので抜けばいいんだけど深く挿したときのフィーリングが好きなので挿す深さは変えない方向にしたい。

となると口の締め付け具合を変えなきゃいけない訳で、マウスピースだけでピーピー鳴らしてます。
コレが意外と…あぁ、噛み過ぎててダメダメだ。

ただ、じっくりとイシモリマウスピース吹いてみて凄く良いとしみじみ思えるようになってきた。
何度も言うけど息によってリニアに変わっていく点がかなりの快感です。
pからffに行ってppへという吹き方をすると普通、何か引っ掛かりを感じる事があったりもするんだけどそんな事全然無い。
イメージ的にはMP3とWAVで。
音色もカラフルでリニアな特性とあいまってだらだら吹くだけでも楽しい。
ホント、腕前に対して全然あってない物を手に入れてしまったと強く思う。
上手くならなきゃなー。
posted by 葦 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

よぉし

届いたよ。イシモリラバー。

唐突過ぎる話だけど、一か月前にビーチラー買ったけど、イシモリラバー。
ちなみにMSチェンバー。
感想
仕事が綺麗過ぎますわー。レール細いしティップも繊細。
中はオーソドックスな真円。メイヤーとかみたく。
ハードラバー削り出しという事で嗅いでみると結構臭いがします。私、この匂い結構好きだったりもします。
軽く吹いた感じはとりあえず、軽い。
ストレスフリーに息が音になっていく。くわえてだらーっと息を流すだけでもかすかに鳴ってるし。
とはいえ、抑えが効かない訳では無い、息に対するレスポンスは今まで吹いた中で一番良いんじゃないかな? と思う。
つまり吹き込む息によって反応が変わっていくので生半可なブレスコントロールだとかなり苦戦してしまうかも?

アルトのラバーというからもっとメイヤーメイヤーしたものなのかな? と思ってたらなんか違うような気がする。
メイヤーのSチェンバーを吹いた事無いので断言できないけど。

メイヤー5MMで普段ちょっと固いorちょうどいい位なV16の3でもまだヤワイな。31/2かフレンチカットを組み合わせると良さげな気がする。

なんていうか、趣味じゃなくてお仕事用って感じがする。
posted by 葦 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

ちょw

そんなワードでこられても!

それはさておき、チマチマ打ち込んだのが出来た。



メロディーは誰か吹き込んでください。お願いします。
1:08からビーチラー比較の奴のメロディーですんでそっから類推して、がんばって!
投げっぱなしが多いので頑張って録ります。ここまで来たらやるっきゃない。
…と言ってもなぁーニコニコに既に上手いのが上がってるんだもんなー。
ソプラノでやってみようか?

…フェルマータの処理ってどうするんだろ?テンポ切り貼りかね?

私はこーゆうマイナスワンでも聞くだけなら楽しんだりします。
コード進行って聞いてるとドキッっとしたりしません? しないですかそうですか。

こうして打ち込みやるとあんまり意識して音楽聴いてなかったんだなと反省したくなってくる。
今回ベロシティの割り振りとかかなり適当ですわー。
もっと注意深くですね。
posted by 葦 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

うはー

ニコでもはっつけとくぜ。


サンボーンの昔やってたらしい番組かららしいけど。
このセッション使ってるのが「おもちゃの楽器」って…
それでこのクオリティとかわけわかんねぇ。
なに吹いてもサンボーンは上手いわ。あんなデジホンでもサンボーン節丸出し。
というか面子が今じゃありえんメンバー。(お亡くなりになってるしね)
でもこの組み合わせの頃の音楽が私はめっちゃ好き。

前振りでの会話を抜き取りつつ適当に訳したら
「良い楽器使ってるから良い音楽ができるって皆ゆーけどそうじゃないんだ」
「チャーリーパーカーはプラスチックのサックスですげえソロをやったんだぜ」
「で、今回それを真似しておもちゃの楽器でやってみようってなったんだ」
「カッコなんか気にしねえっての、俺たちミュージシャンだぜ、ノリノリですげぇのやってやるよ」
「テレビで?」「あぁ!」「期待してるぜ」
「用意はいいか?」「やってやんよ」
という具合なのかしらん?
ぶっ飛べばすごい事ができるという見本ですなぁ。
posted by 葦 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。