2010年03月21日

ぴー

嫁キャラ20人上げろと言われてまずスヅツキーと書いた時点で止まった葦です。こんばんわ。
がんばれ、絞り出すんだ! アグリアスさんとかいるじゃないか。

さて、本題。
ついにソプラノマウスピース替えてしまいました。
ソプラノは本体買ってから一年以上スーパーセッション使ってたんですけど実は選んでなくて何となくコレ? という実にアレなチョイスだったので選びに行ってきました。

…ピリンジャーって良いですよね。
端正で実に…良い。

スーパーセッションも悪くないと思いますよ。
ハードな音質が欲しい時、エレクトリックとタメ張る時なんか使いやすい感触ですし。
ただ、最近いやな倍音が出てきたんですよ。
それはある意味ソプラノらしい倍音なんだけど自分にとっては何だかなー? ってなるポイントなんで我慢ならなくなってきた。
ホント、サックスにトーンコントロールがついてたら切りたいぐらいなポイント。

別に倍音ばっさりと言うならリンクでも良かったかも? ただ、すっげー吹きづらい。
腹から息出してマウスピースに息を充填させないと鳴ってくれないんじゃねーのアレ?
posted by 葦 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

むー

メモ書き、メモ書き

サンプリング音源
録音した音を音源にするタイプ
ピアノ、ドラム等 生っぽさが欲しい人にどうぞ
サンプリング数に比例してリアルさが決まってくるためファイルサイズが大きいモノが多い。
現在の主流?

物理モデリング音源
音が鳴るという現象を計算して音を作るタイプ
リアルにする程膨大な計算がいるのでマシンパワーが必要?
しかしながら空間や一見関係のなさそうな所の振動すら計算したとしたら夢のある話だ。


バリトンサックス アレですね。
B-9930 ペグなし ノーラッカーとか欲しいですね。
ふふーふ、色々スぺック考えてコレがかなりよさげな予感なんです。
変態系楽器が好きってだけだし、やっぱり銀製の楽器の反応はとても好みなんです。
でも、ノーラッカーって作ってくれるのかね?
とりあえず、弾を集めなきゃあ話にならん。
posted by 葦 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

いーうぃ

EWI USBを入手したぜ。
ので、吹いてみた。



…いや、ムズいっすね。ほんとになんだか分からないぐらい難しい。
これで3時間ぐらい格闘した結果すよ、泣けるぜ。
息は入っていかないし、振動しないし、ベンドは指だし、ビブラートはマウスピースを噛む事でかける見たいだし。
サックスとは全然違うってのがよくわかりますわ。

いや、以前4000Sは触った事あるけど操作性は初心者にとってはちょうど良いんじゃないかな? と思いますね。
ポルタメントのバーが無いのでいきなりミョンってならないかと。
伊東たけしは使える、本田雅人は見向きもしない、宮崎さんはがんばって使いそうって感じです。
ベンドがもうちょっと自然に入れれたらもっと面白いなーと思ってます。
今回のは入れる余裕は全くないので入れれてないけど。

ハーモニカの音色は無いのか?
posted by 葦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

むぅ!

12月12日から翌13日にかけておでかけを決行せねばならん模様。
なんだか微妙な状況が起きる可能性が高いためですけど…どこ行こう?

ココは印鑑と口座と少しの勇気を持って頑張ってみようかしら?
そこまでいかなくてもバリトン試奏ツアーとか組むと良いんじゃね?
ともきゅもきゅ中。
前回のソプラノは言ってみれば欲しかったのがストレート、ワンピースっていう条件だったのでヤナギサワ一択だったけど
バリトンに関しては…しいて言えば「脚なんて飾りです! 偉い人にはそれがわからんのですよ」かなぁ。あれは意味が無い気がする。えぇとっても。
あと、そろそろ普通のイエローラッカー、イエローブラスの機体があっても良いと思う。
という具合なんで全くもってそれってつまりほぼすべてのサックスメーカーが入っちゃうって訳であって…注文出すにもやはり試奏すべきなんだよなー。
ちなみに今まで触った中で一番良いな! と思ったのはヤナギのシルソニです。あれ、さいきょー。
セルマーも悪くはないんだと思うけど高い。
posted by 葦 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

たまには

コッチで書かなきゃなー。

やっぱりサックスやってるからそればっかり聴く訳ですよ。
で、サックスと言えばジャズやん? という安易な感じでロリンズのあの青いジャケットのアレを買ったり、キャノンボールのリーダー作だけどアレ? 実質マイルスのリーダー作? みたいなのを買ったりで最初はそればっかり聴きつつも何か他にないかなーという日々を過ごしてました。

うんでその何か他のものがフュージョンだった訳で。スゴク順当ですね。
ある日サンボーンがテレビに出ててるのを目撃。
アノ音色にやられてCD屋さんに走りましたよ。あと、後にデュコフも買いましたよ。
衝撃的だったなー。やっぱりサンボーンは別格だと思うんですよ。
「A change of heart」は名盤。
それからマーカス・ミラーのせいでエレキベースに興味持ったり。

ファンクはいつだったっけかな?
マーカスとかもノリ的にはファンクなんだけど多少口当たりというか耳当たりが良くされてると感じて。
どっぼどぼに黒いファンクを初めて聴いたのはやっぱりラリー・グラハム グラハム・セントラル・ステーションの「いかしたファンキーラジオ」なんかなー。
CDいっぱい持ってる人からいっぱいもらった中に入ってましたね。彼と私は吹奏楽系の集まりにあってお互いの趣味を知ってからは日々「サンボーンすげぇ!」「やっぱクラプトン」とか言ってた。
うん、音楽的な視野が多少広くなったのもそこらへんだと思う。
しかし、私は吹奏楽はあんま知らない。

アイリッシュ系は知った順で行くとガストちゃん(ヴィオ)、アルトネリコ、みとせさん、志方さん、zabadak、そして伝説へ
ただ、これらがサックス抜きで楽しめてるというんだからさ、もしかしたら一番好きな形態なのかも知らないなーとは思う訳ですよ。

まだまだ知らない世界がある。折を見て少しずつ踏み出していければそれでいいと思う。
まだまだ食い足りないなー。
posted by 葦 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。