2010年07月27日

もし

自由に生きたいなら、ありとあらゆることから束縛されない事を望むなら
自らもまた自由を名乗る者に傷つけられる事があるという事をわかってるんだろうね

勿論、何かに束縛されていても、だ、何かに傷つけられるという事は往々にあるとも。それは確かに誰にだって我慢ならない事かもしれない
だけどもね?
抑制の効いてない自由なんて、それは只の横暴じゃないか
それを本気で唱えるんなら私もまた自由にさせていただくさ
そう、自由にね。それでイーブンだ。
posted by 葦 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。