2010年04月27日

なぁに?

とりあえず言いたいことはただ一つ!
「耳と感性でギターが弾ける本」は買っとけ。
あれは名著だと思うですよ。わかりやすい文体、フォント。
頭がかゆくなる理論なんか無し
いつでも試せるトレーニングものっとる。買っとけ、読んどけ。

まず、大体の章で考え方を変えるところから始まってるのも面白い。
楽器は目につくところ、すぐに弾けるようにしておくべきとか
最初から弾こうとせず、まず体で感じるようにしようとか
「へぇ! 確かに」と思った。

不思議なのはこの本に書いてある事だと「あー、やっとこうかな?」っていう気になってくる。すごい説得力がある。
多分、説明が具体的でさらに筋が通ってるからだと思う。
良いと思う。お勧め。
別にギター弾きじゃなくてもこの本の考え方はプレイヤーにとって、ホントに役に立つと思います。
posted by 葦 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。