2010年02月18日

いめーじ

ゴールデンスランバーを見つ。
いや、伊坂幸太郎原作で堺雅人主演ってアレやん、感動やん。

原作は読んでないんですけどだからこそ楽しめた感も感じつつ軽く感想。

まぁなんか無茶だなーとかすげーと思った個所を何点か。

ショットガンで狙撃……なんという大門部長デカ

被疑者はヨドバシカメラにいる

PSP大活躍

しんじゃう、しんじゃうー

ロックだぜ

ひとり それもいい ふたり それもいい さんに(ry かろぉーらーー

エンジンかかるだけで涙が出るんだぜ

あーびっくりした

シャルフェッシェなめんな

ipodは最強 M9なんかメじゃないぜ

え? 整形でしょ?

すわ、ココに戻ってくるのか!

フェンダーギブソンおもちゃじゃねーんだ

イメージのお話。
この事件を差し向けたのは果たして誰なのか?
想像はできるよね? でもそれは真実かな?
伊坂はそれを考えて映し出してるのやもしれん。そう考えたら恐ろしいなー。
よし、原作買ってくる。
posted by 葦 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。