2009年12月13日

もはや

書籍紹介サイトだな。

……天地明察が来るとでも思っていたのか?
今回はこいつだぁああー!!!




安心の伊坂幸太郎
基本的に伊坂作品の命中率は異常

読んだ事無い人は読むと良い、3冊ぐらい読むと仙台に行きたくなるからさ。
こんなドラマティックな奴らがいるなら住んでみたいぞ、仙台。
まぁ、今、住んでるとこにもいるのかな?

さてさて、やっぱりこの人の話の組み立て方はホント気持ちいいなー。
1回目はこの話がこうくるかーと思わせて2回目以降はこんな所にも伏線をしのばせるなんて! と感心してしまう。

こういうタイプの人だと、やっぱり長編になると「ははぁん、今回のオチはコレだなー?」ってのが時折わかってしまうんだけど(それでも面白いです)今回みたいな中編というか連作短編を4つっていう構成だとちょうどいい感じに終わってしまうのが良かったなー。

ふむ、短編中編をグイグイ読ませるには切れ味がいるな。
長編だと盛り上がりでカバーしたりできるし足し算大好きな人もいるしね。
posted by 葦 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | よみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。