2008年12月02日

そうだ

そうだ、京都 行こう

という訳で行ってきました。
場所はココ
写真はクリックででっかくなります。


oinari-1.JPG

はひっ?どちら様?
うん、そうだね。「伏見稲荷」だね。
ARIA好きなら一度は行かねば。結構好きなエピソードでもあります。
さて、さすが平日。
中高年がいっぱいいると思ったけど、そんなにいない。
紅葉狩りに行くならもっと風光明美な場所に行くのかな?と思いつつ
探索、とりあえずうろうろー。

あっ、鳥居が一杯。うおう。すげえ。
曇りの日にもう一回来たい。
登り階段ですか?あー山なんだ。へー?
ちょっと登る。
お堂で見た和ろうそく、ホンマに火がでけぇー。
と感激しつつ行くと
うん?分かれ道?何となく左で。

理由?猫がいたから。
と思いつつ何か下り坂なんですけど?
oinari-5.JPG
真ん中に茂ってるのはどうみてもバナナだ。
あれ?平地ですよ…
…戻って来ちゃった。

うん、もう一回ですね。
ちなみに気付かれた方もいるかもしれないですが最初は千本鳥居、通ってませんでした。
も一度の時は通ったけど人が多過ぎて写真撮れなかった、残念。

oinari-7.JPG
何ていうかこいつをさらに圧縮した感じ。木漏れ日がものすごくいい感じに幻想的でした。
少し空気すら違って感じれたのはなぜなんでしょう?

oinari-6.JPG
場所は違うけど裏面から建立者の名前とかは裏っぽいです。
どっちが表か知らんけど。今気付いたけど、らくがき…


oinari-3.JPG
おもかる石ー
石の見た目の重さと実際の重さの違いで願いが叶うかどうかが分かるそうです。
思い描いてたより軽いと成就するそうです。
決して持ち上がるかどうかじゃないのでお間違えなく。
具体的に重さを書くと効果が薄れそうですが、重いです。

oinari-11.JPG
建物の中の火が和ろうそくの灯です。人魂レベルっすな。
ここから右手に進むと何か、行けそうな道があったりしてー。
ずんずん行こう。
おお、なんか心なしか輝いてるような気がする!

















oinari-10.JPG
どこですか?ここは?
どう見ても行き間違えたっぽい。けど戻るのも面倒なのでいつか合流するだろうという淡い思いを抱きつつ散策。

oinari-4.JPG
その途中に見つけた場所
土足禁止とか唐突に書いてあって困った場所でもある。
個人的にこういう感じが好き。撮った写真で一番良かったと思う。
道を間違えたおかげで私以外誰もいません。静謐なひと時。

oinari-9.JPG
一の嶺だったけ?で発見。シュールな感じがひどいです。
ちなみにここらが頂上です。
ここまで来るならハイキングの心積もりでどうぞ。
多分普通に行ったらまあ大丈夫なんだろうけど、私のルートだとちょっぴりハードな感じでした。
不思議空間は千本鳥居でクライマックス。
最初っからクライマックス、出オチ。

oinari-8.JPG

京都タワー
巨大生物の影が見えた方は同士ですか?

oinari-2.JPG
背景資料にでも路地のこの感じも捨てがたいです。

neko.JPG
お供え物のお稲荷さんをかっさらうネコ。そんな味の濃そうな物食って大丈夫なんだろうか?
posted by 葦 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。